HOME>コラム>女性ならではの病気がある!だから予防のために乳がん検診を

女性ならではの病気がある!だから予防のために乳がん検診を

女性

乳がんは女性にとって怖い病気

40年くらい前と比べてみても、現代の日本人女性では乳がんが原因でなくなる人が3倍以上にも高まっていますので、とても怖い病気です。気づくのが遅くなればそれだけ完治する確率が下がりますので、早期発見できるようにしなくてはなりません。自分で毎日触診をして確認をする事も出来ますが、素人が触ってもよくわからないという人もいますので、自己診断だけでは気づかない場合もあります。早期であればしこりなどを触診で確認するのが難しいですが、乳がん検診であればごく初期の乳がんを発見出来る事もあります。ごく初期の乳がんであれば、生存率がかなり高い病気ですし、治療期間も短くなるので、家族の為にも定期検診を受けるようにしましょう。

検診

乳がん検診は定期的に受けよう

乳がん検診は毎年定期的に受けると発見率が上がってきますので、決まった時期に受けると忘れずに受けることが出来ます。例えば、自分の誕生月に受けるようにするなど決めておけば、ついつい忘れていたという事がありません。忘れていたからとか、今は忙しいからまた今度にしようという考えでは、先延ばしにしてしまいがちですので、必ず同じ月に受けるといった風に決めておくといいでしょう。乳がん検診は自治体から補助が出て割引になるとか、無料で受けられるという場合もありますので、自治体に確認してみると、経済的な負担も少なくなります。費用がもったいないからと受けずにいると、自分の命を削ることになってもいけませんので、自分を守る為にも必要です。